効率的な資金調達が可能なソーシャルレンディング

クラウドファンディングとは、インターネットを活用して不特定多数の人々から資金を調達する仕組みを指します。群衆を意味するクラウドと資金の調達を意味するファンディングが組み合わされて生まれた造語です。ソーシャルレンディングもクラウドファンディングの1つとされます。
クラウドファンディングには寄附型と購入型、投資型の3種類があります。企業がインターネットを通して投資家から融資を受ける方法は、投資型クラウドファンディングの中の融資型に該当します。銀行など中間的な金融機関が存在せず、投資家から直接融資を受けることにより安い金利で効率的な資金調達が可能となります。
企業が低金利で融資を受けるためには信用度の高さが重要です。信用度は投資家が自ら判断する場合と運営会社が審査する場合が存在します。いずれの場合でも投資家には最終的に融資を行うかどうかを決定する自由があります。

より安い金利で資金を確保できる

ソーシャルレンディングによる資金調達の方法は大きく3種類に分類することができます。マーケット型は運営会社が借り手となる企業の審査をして格付けを行います。融資額や金利は投資家が格付けを検討して決定します。投資家は金利を決定する自由を有することになります。そのため投資家が希望する利回りやリスクの許容度に応じて金利は変動します。
オークション型では貸し手である投資家によって入札が行われます。より低い金利を提示できた投資家が融資を行う権利を獲得できます。マーケット型とオークション型では企業の信用度に応じて権利が変動すことになります。一方貸付型・ファンド型は日本で生まれた方法で、運営会社が企業を審査して金利や金額などの融資条件を決定します。
いずれの方法で資金を調達する場合でも、企業の信用度が金利の設定に大きな影響を与えることになります。より信用度が高い企業であるほど低い金利で効率的に資金を調達することができます。

企業だけでなく投資家にも大きなメリットが存在する

ソーシャルレンディングによる資金調達の大きな特徴は、銀行などの中間的な金融機関が存在しないという点にあります。そのため中間的な流通コストが不要となり企業は安い金利により融資を受けることが可能となる一方で、投資家には大きな利益を得る可能性が存在します。
投資家から銀行へ、銀行から企業へという一般的な資金の流れでは中間者である銀行の利益を考慮することが必要です。そのため投資家は安い金利で預金を行い、企業は高い金利で融資を受けることになります。
一方インターネットを通して投資家と企業が直接結びつくことで中間的なコストを考慮する必要がなくなり、投資家は銀行預金を行う場合と比べて高い利回りを期待することができます。インターネットにより直接的な資金の融資を行う方法は、企業にとって低い金利で効率的に資金を調達できるメリットがあるだけでなく投資家にも大きなメリットが存在します。