資金調達にソーシャルレンディングが人気

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人と、お金を投資したい人とを結びつけるサービスです。事業者が、そのサービスの提供を行ないます。インターネット時代に誕生した新しい金融サービスの1つです。インターネットならではの特異性を活かし、低コストで両者を結びつけます。借り手側からすれば、低金利で資金調達ができ、投資側からすれば高利回りの金利が得られるとして、人気を博しています。
従来は、主に銀行がこの役割を担っていました。しかし、インターネットの登場と金融技術、いわゆるフィンテックにより、状況は一変しました。インターネット上に金融市場が生まれました。以前からネット通販などもありましたが、インターネットの影響が金融市場にも拡大したと見ることもできます。

ソーシャルレンディングが、急成長を続けるのはなぜか

金融市場で、初めにその恩恵に浴したのは、株式市場でした。ご存知の人も多いでしょうが、日本国内ではネット証券を生み出し、株式投資ブームが巻き起こりました。ネット証券の誕生により、株式投資手数料は100分の1以下になり、多くの成功した個人投資家が生まれました。次に隆盛を極めたのは、FX業者でした。従来は、投資家が証券会社まで赴き、そこで売買をしていました。その売買に関わる行為を、ほとんど全てネット上で完結できるようになった訳ですから、手数料が安くなって当然です。
インターネット上で、お金の貸し借りができるようになった訳ですが、ソーシャルレンディング事業者が、資金の受け渡しなどのサービシングを仲介します。インターネットサイトをプラットフォームとして、資金の仲介を行っているので、旧来の金融機関と比べ、スピーディーでリーズナブルなサービスとなっています。

人気の出てきている、その他の理由とは

しかし、安さや借り入れのスピード感だけが、人気の出てきている理由ではありません。今まで銀行による寡占状態にあった金融業界でしたが、そこに風穴を開けたのも功績の1つでしょう。新しい業界の台頭によって、金融業界がよりよいものに進化したともいえます。
また、銀行のようなリアル店舗を持たない、人件費を浮かすことができるなどの理由から、借り手にとっても投資手にとってもメリットの多い構造を構築できていることも奏功しています。つまり、借り手にとっては、より低コストで資金調達ができ、投資手にとっては、高利回りを期待できることも魅力になっています。
また、従来の銀行の審査とは違い、独自のアルゴリズムを採用することで、借り入れ希望者を審査でき、より迅速、かつ低金利で資金調達を可能にしている点も、特筆すべき点です。

みんなのクレジットでは、法人向け不動産などの事業資金を融資したい方に合わせた案件をご提案させていただきます。 資金を分散して複数の投資をご希望される方もお気軽にご相談ください。 みんなのクレジットでは案件の成約が成立した場合の手数料もかかりません。 みんなのクレジットではソーシャルレンディングという新しい投資手法をご提案します。 高利回りや投資にご興味のある方はこちらのサイトへ。 ソーシャルレンディングで資金調達